経営哲学を学ぶこと

経営哲学に関する書籍

ナッパ

経営哲学に関する書籍について 

経営哲学に関する書籍が多数発刊されており、社長などはもとより一般のサラリーマンなどにも非常に人気があるようです。人気のある起業家の哲学の本は市場にも出回っており、不確定な時代で働く誰もが経営者の視点を持てるようになるために、読まれるケースが多いようです。将来自分の会社を持ちたいと考える人も増えてきているようなので、そういった方にも需要があるのでしょう。ビジネス雑誌などでも頻繁に取り上げられており、名言集などといった簡易な伝記にも人気が集まっています。若手サラリーマンの中では書評会なども頻繁に開催されているようで、意識が高いサラリーマンが熱心に取り組んでいるようです。

哲学を通して見るビジネス 

経営は「物事を営むこと」ですが、一般的には事業を継続的、計画的に遂行することと考えられています。つまり会社などの組織を運営し、利益を上げるのが最大の目的となっています。事業に欠かせないのが哲学で、一見難しいもののように思われますが、要は経営の根本理念のことです。しかし、利益さえ上がればどんなやり方も許されるのでしょうか。それは違います。優れた事業の成功者の多くは自分だけの利益追求だけでなく、相手の利益も尊重していることで共通しています。言葉を換えれば「相互に有益であれ」というのが、背景にある理念、つまり事業を成功に導く哲学なのです。

経営哲学に関する情報

新着情報