経営のアドバイザー

経営コンサルタントの仕事

ナッパ

経営コンサルタントとは 

企業などを経営していると、業績が良い場合も悪い場合も、今後どのように事業拡大していけよいか悩んでおられる方も多いでしょう。 新しい事業を始める場合などは、これまでの成功例が通用するわけではないので、専門家に相談することによって、リスクを減らすことができます。 経営コンサルタントは、たくさんの会社の事業内容などをコンサルタントとしていることから、事例などをたくさん持っています。 新しい事業などを展開する場合に、どのようなリスクがあり、メリットがあるのかを提案してくれるので、事業を展開する上ではとても大切です。

企業のコンサルタントについて 

経営コンサルタントの仕事はとても大変な仕事ですが、やりがいがあり、高い専門性がつく仕事です。企業運営の全般に携わることができるので、幅広い知識や経験も身につきます。また、様々な業種の顧客がいる場合がほとんどなので、様々な業界事情にも詳しくなっていけます。経営コンサルタントになりたかったら、経理やコンピュータ、販売、人事、営業などの全般についてある程度学んでおく必要があります。特に業務改善を提案するには業務フローとコンピュータシステムに強いことが必要になるので、この2つについては専門的な知識も必要です。

経営哲学に関する情報