経営理念を定める

経営理念と企業のイメージ

ナッパ

経営理念がしっかりしている会社 

経営理念がしっかりしている会社をしることは大事なことです。しっかりしているとは、それが具体的に明文化されていることです。さらにそれらが企業内でなんらかのかたちでたえず繰り返し、社員に伝えられているということです。常日頃、社員は自身の経営理念にふれているということです。それは信条とか、綱領などとして具体的に明文化され、社内研修や朝礼などをとおして繰り返し社員につたえられるのです。日本の著名な優良企業のなかにはこのようなかたちでそれらが企業内で社員に徹底されているのです。そしてそのような企業では反社会的な行動を取った場合には企業は社会と共存できず、企業は存続することはできないということを指示しているのです。

民間企業の理念について 

民間企業においてはホームページや会社案内などにおいて企業の経営理念を明示することが一般的です。これは顧客や株主に自社の方針や長期的なビジョンを示すためになされるもので、法的な強制力はないものの、企業としての体をなすためには避けて通れない義務的な事項であるといえます。経営理念はその企業の顔ともいえ、公表して恥ずかしくないものを作り上げることが大切です。逆に立派なビジョンを提示することができれば企業のイメージアップ、企業の業績アップにもつながります。会社を興す際にきちんと考えることが不可欠だといえます。

経営哲学に関する情報