起業とその後の経営

起業後の経営プランを

ナッパ

起業する時、経営に気を付ける 

起業するとき、経営に気を付けましょう。まず、起業資金が十分であるか、また、黒字になるめどはいつごろであるかをきちんとチェックしましょう。でないと、自宅も土地も残部売り払っても、会社の資金が足りないということになってしまい、継続不可能になる可能性があります。黒字化するめどの根拠も十分確認しましょう。そうでないと、机上の空論になってしまいます。できれば、あらかじめ顧客層についてマーケティングしておくべきでしょう。もし、商品化がまだの商品であれば、なおさら、いつごろ商品化できるかを十分確認し、その経営と売り上げについても検討を重ねるべきでしょう。

起業する時の必須ポイント 

過去、日本では様々な若者が夢を抱いて起業をしてきました。そして、そのタイミングのほぼ9割は、自分が売ろうとする商品やサービスの形が見えた時だったといいます。ここにその後の成否を分けるポイントがあります。それが「経営」です。会社はもちろん商品を売ったりサービスを提供するのが本業ですが、それは会社としての活動のほんの一部です。これを潤滑に動かすためには、常に資金繰りを考えたり、優秀な人材を発掘したり、広告宣伝を行ったり、クレームに対応したりと、それはもう数多の業務を限りある資源(ヒト・モノ・カネ)をいかに効率率的に配分するのかが重要です。これが「経営」なのです。

経営哲学に関する情報